カーナビの郵送買取の際は「しっかり梱包」が大切

思わぬところでカーナビの価値を下げないために

郵送買取の梱包について

お住まいが店舗から遠いなど持ち込みできない場合は、郵送での買取も対応しております。
その際の注意事項としてカー用品の梱包が第一にあがります。

ヘコミやキズなど衝撃に弱いカーナビやカーオーディオに関しては
動作はもちろん外観の状態によって買取金額が変動いたしますので
プチプチなどで慎重に梱包いただく必要があります。

外箱や緩衝剤がある場合は、そのまま外箱で発送いただいても結構です。
しっかり梱包いただいた上での外部破損なら保証対象となりますので、過度な心配をしていただく必要はございません。

新品の場合は伝票の後でも減額になりますので、新聞紙や大きめの段ボールなどでカバーしていただくようお願いいたします。

カーナビの梱包例

梱包時に用意するもの

段ボール、新聞紙、ガムテープが用意できれば、配送中に破損しないようしっかり梱包ができます。

段ボールがなければ配送業者のドライバーに販売してもらうことも可能です。
新聞紙がない場合は、いらない雑誌で同様に緩衝剤として活用できます。

可能であればプチプチなどの緩衝剤でカーナビを梱包していただくとより安全です。


サイズに余裕のある段ボールがオススメです

少し大きめの段ボールにカーナビ本体が動かないよう全面に新聞紙をしっかり詰め込みます。

ぴったり入るサイズの段ボールよりも、少し余裕のある大きめの段ボールの方が衝撃が直接伝わらないため、傷みがでにくいです。

段ボールを選ぶポイントは、もしものために多少の落下なら耐えられるよう梱包できるかどうかです。


仕上げの封はしっかり行うと安心です

最後にフタが開かないよう、しっかりテープで止めてください。

しっかり封をしておかないと、配送中にフタが開いてしまったり、雨などが隙間から入ってしまう恐れがあります。

止め方は写真を参考にしてください。
下面も上面と同じように封をしております。