イクリプス買取について

富士通テン イクリプス

お手元のストラーダを査定依頼する

イクリプスの高く売るための買取のコツについて

新品も中古品も1点から高額買取!

新品未開封も中古品も1点からイクリプスのカーナビは買取対象となります。在庫処分などで大量買取をご検討の場合も使わなくなったカーナビ1点の場合でもお気軽に売却をご相談ください。1点から大量まで対応可能ですのでご検討の際には無料査定をご利用いただくことで事前にお値段をお調べ可能です。

付属品が揃っていると高額買取り!

購入時に付属していた付属品が多いと本体のみよりも高くお値段がつきやすいため、本体のみよりも付属品を揃えてお売りいただくことで高く売却いただけます。電源コードやアンテナコードなど購入当初の付属品に関しては、取付説明書などに記載がございますのでご確認ください。またオプション品が付属している場合は、査定金額アップのチャンスですので合わせてご連絡お願いいたします!

地図情報が新しい場合はプラス査定

イクリプスの地図情報を更新して新しい年度の地図データにアップデートすると更新していない状態よりも高く買取可能です。3年に1回更新無料を行っている機種の場合はアップデート活用することで、金額アップに繋がりますので、ぜひお試しください。

状態が綺麗なほど高く買い取ります!

カーナビは特性上、画面部分のみが露出しているため画面部分や操作部分がキズや汚れがつきやすいです。反面として本体の取り付けや取り外しの際の扱いにより、本体側にも目立つキズや汚れがつくことがあります。キズは消すことが難しいですが、汚れは落とすことができますので、売却前に掃除していただくと金額アップに繋がります。

取り外したあとに眠らせていませんか?

イクリプスのカーナビに限らず発売から期間が時間が経てば経つほど金額は下がってしまいます。新モデルが発売されると更に値下がりに繋がりますので、眠らせているイクリプスがあれば可能な限り買い取りに出すことをご検討ください。

お手元のイクリプスを査定依頼する

イクリプスのラインナップについて

AVN Sシリーズ

一画面で必要な情報が確認でき直感的なインターフェースを実用化し操作性の向上により使いやすさを追求したカーナビ

AVN Dシリーズ

ドライブレコーダー内蔵を実現した前も後ろも記録することのできるゼロから見直した最先端の新しいカタチのカーナビ。

AVN Rシリーズ

フラットデザインを採用することで車室内に一体感を演出する洗礼されたデザインのインテリアカーナビ

AVN Liteシリーズ

ナビの使いやすさをもっと身近にし、簡単を追求したシンプルなカーナビ

お手元のイクリプスを査定依頼する

イクリプスの歴史について

イクリプスは車載用AV機器および家庭用音響機器のブランド「Biyo(バイヨ)」シリーズの後釜として1988年に登場しました。
「他の追随を許さず、すべてを凌駕する凄まじい炎」をイメージしてイクリプスと名付けられました。
他メーカーに先駆けてインダッシュタイプのオーディオ一体型ナビAVNを開発、販売し純正カーナビもOEM供給を行っています。

AVNは、Audio,Visual,Navigationが一体となっているだけでなく、トータルでのサービス提供を実現する「All in One」をコンセプトとされており、日本だけでなく米国など10カ国において商標登録が行われています。

富士通テンでは1955年市販用カーラジオを製造開始していますが、イクリプスの登場は1988年の米国市場向けに発売されたカーオーディオ新シリーズという形でした。
海外向けカーオーディオという名の通り、最初はナビ機能は実装されておらず、カーオーディオブランドとして発足しています。
その後に国内市販市場向けにカーオーディオ新シリーズとして国内にもイクリプスが販売されますが、この時点でもカーオーディオでありナビゲーション機能は搭載されていません。
当時の販売シリーズとしてはEシリーズ、SoundMonitorスピーカシリーズがあります。
SoundMonitorスピーカシリーズは世界初の車載用DSPサウンドプロセッサカーオーディオ新シリーズ「αシリーズ」の後に最高級カーオーディオとして発売されました。

1997年にカーナビゲーションとオーディオ・ビジュアルを2DINサイズに集約したAVNを発売し2000年にはイクリプスをアジアで発売し販売経路を拡大します。

2001年はタイムドメイン理論を用いたホーム用卵型スピーカーとパワーアンプの「ECLIPSE TD」を発売しました
ネットオーダーシステムで販売を行ったため、予約キャンペーン期間を設けオリジナルクリーニングクロスのプレゼントを行いました。また広告キャラクターにはブライアン・イーノを起用しました。

2002年には世界初の20GBハードディスクを2基搭載したカーナビゲーションシステムを発売しました。
カーナビの大容量化により音楽など多くのメディアをより楽しめる環境を実現しました。

2004年ではAVNを米国・中国にてイクリプスとして発売しました。
世界初のTV/GPS一体型のフィルムアンテナを開発を行い、2005年になると「DUAL AVN」、「1DIN AVN」を発売しました。
また同年に世界初のTVチューナとドライブレコーダーを発売し、AVNを欧州でもイクリプスとして販売開始しました。
翌年の2006年ではAVNをオーストラリアにてイクリプスのブランドで発売しました。

お手元のイクリプスを査定依頼する